2011年01月25日

村社会2.0

むさぼるように授業を聞いた。最高だった。脳、身体の奥まで温まった。
KEIO UNIVERSITY SFCに感謝。「世界って素晴らしい」。

http://gc.sfc.keio.ac.jp/cgi/class/class_top.cgi?2010_33905

去年「車窓に豚」というプロジェクトを一人で立ち上げようとして、こけた。
顔面から壁に突っ込んだ。僕は、倒れて、腐った。

今度は「村社会2.0」でいく。
まずはコンセプトを叩き上げる。

「村社会2.0」のネーミングが気に入っている。
Leaderが引っ張るよりも、平均点を上げる方が日本人に合っているはず。
平均値を上げるだけでなく、優秀なLeaderも育み、村社会全体もより豊かなになるように。

生命は、まだブラックボックスである。生命は未開の地である。
穀物や野菜などの植物という生命、土にいる微生物という生命、人間、ニワトリ、牛を含む動物という生命。
生命というフロンティアの最前線と、生活をリンクさせること。
子供が最前線で学習でき、高齢になっても穏やかな時間に身を任せられるように。

田んぼや畑には、機械とそれを動かすエネルギーが必要であり、
全体をマネージメントし、調和すること重要だ。

新しい風景と社会、「村社会2.0」。
posted by Satoshi at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。